とうきびで猛暑を乗り切る

星澤幸子の和食のチカラ 2018年7月 とうきび


多くの国で主食としても食べられているとうきび(とうもろこし)は、疲労回復のエネルギー源としてすぐれていることはもちろん、食物繊維、ビタミン・ミネラル類などを豊富に含みます。
糖代謝を促進するアスパラギン酸や、脳を活性化させるグルタミン酸、免疫機能をアップするアラニンなども多く、夏バテ解消の強い味方ともなってくれる心強い食材です。
茹でたり焼いたりするだけでも手軽に食べられますが、ときにはひと工夫にしてこんな食べ方はいかがでしょう。

このページでご紹介するレシピ


大人も子どもも大好きな夏の最強炊き込みご飯
とうきびご飯

【材料】(2人分)

生とうきび 2本/米 カップ1杯/水 カップ1杯/ベーコン 2枚/にんにく 1片/バター 大さじ2杯/パイロゲン キャップ1杯/パセリのみじん切り 少々
【調味料】
酒 大さじ1杯/塩 さじ1杯/コショウ 少々

バター、ベーコン、ニンニクを加えてコクとボリュームもアップ

【作り方】

  1. 米は炊く30分前に研いで、1合の目盛りに合わせて水に浸しておきます。
  2. とうきびは包丁で削ぎ落とし、残った胚芽は包丁の背でこそげ落とします。ベーコンとバターは1cm角に切り、にんにくは潰して小口切りにします。
  3. 炊飯器にとうもろこし、ベーコン、ニンニク、バター、調味料とパイロゲンを入れて早炊きします。
  4. 炊けたらすぐヘラ返しし、パセリのみじん切りをあしらいます。

パイロゲンは炊く直前に加える

とうきびの甘みと食感をぞんぶんに楽しもう
とうきびのかき揚げ

【材料】(2人分)

小麦粉 カップ1/2杯/水 カップ1/2杯/揚げ油 適量/塩 少々/とうきび 大1本/しょうが 1片/三つ葉 30g/パイロゲン キャップ1杯

【作り方】

  1. とうきびは包丁で粒を落とし、残った胚芽は包丁の背でこそげ落とします。しょうがは千切り、三つ葉は3cmの長さに切ります。
  2. ボウルに切った材料を合わせ、小麦粉をまぶします。水とパイロゲンを加えて全体をサックリ混ぜます。
  3. 木べらにタネをのせて中温の油に滑り入れます。カリっとなったら油切りして盛り、お好みで塩をふっていただきます。
    ※油の中で材料がバラバラになるようでしたら、小麦粉と水を少々足します。

生のとうきびをボウルの中に立て、包丁で粒を落とす


星澤幸子(ほしざわ さちこ)さん

料理研究家。北海道南富良野町生まれ。札幌テレビ「どさんこワイド」の料理コーナー「奥様ここでもう一品」に25年毎日出演し、北海道の素材にこだわったお手軽な料理を紹介。その出演回数は現在もギネス記録を更新中。2009年「東久邇宮文化勲章」を受賞。著書は『あなたに贈る食の玉手箱』(ワニ・プラス)他多数。

星澤クッキングスタジオ公式サイト
http://www.hoshizawa-s.com

 

 


レシピ撮影/大滝恭昌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です