おすすめのブルーベリー

AKATSUKA グリーン通信vol.267  2021.6月号


果樹にもいろいろありますが、一番手軽で簡単においしい実が収穫できるものといえばやっぱりブルーベリー。手間もかからず、場所もとらず、年々収穫量も増える、これほど家庭向きの果樹は他にありません。ただやはり少しでもたくさん収穫しよう、おいしい品種を育てようと誰もが思うもの。今回はおすすめのおいしい品種をいくつかご紹介をしたいと思います。

ブルーベリーにはノーザンハイブッシュ系、サザンハイブッシュ系、ラビットアイ系の3つの系統があります。今回はこのうちご家庭で特に育てやすいラビットアイとサザンハイブッシュの品種をいくつかご紹介したいと思います。

●ラビットアイ系
まずはラビットアイ系です。以前は品種も少なくホームベル、ウッダート、ティフブルーの3品種が主流でしたが、近年は新品種が次々と誕生し、より丈夫で豊産性のおいしい品種がたくさん流通するようになりました。
ラビットアイ系は同じ品種の花粉では受粉しづらい性質が強く、1品種をたくさん植えてもほとんど実がつきません。必ず開花期が合う異なる2品種以上を近くに植えて下さい。
多くの品種があるラビットアイ系の中でも一押しはティフブルーパウダーブルーの組み合わせです。どちらも非常に育てやすい上、収量も多く美味しい品種です。果実の品質も日持ちもよく、ブルーベリーに起こりがちな裂果もあまりありません。タネも気にならず、生食でもジャムなどに加工してもどちらでも楽しめます。成長も早く数年でたくさんの果実が収穫できます。

●サザンハイブッシュ系
ベランダなどであまり場所がない場合は、1本で実が成るサザンハイブッシュ系を1本だけ育てるという選択肢もあります。サザンハイブッシュ系は生育の穏やかな品種も多く、鉢植え向きの品種が多くあります。
おすすめはサンシャインブルー。ハイブッシュ系は1本で結実しますが、成りやすさには品種によって大きな差があります。サンシャインブルーは1本でたくさんの果実を収穫できる品種です。おいしいのはもちろん、花はピンク色で美しく比較的コンパクトで紅葉も美しいという優等生的な品種です。ブルーベリーを1本だけ育てたいという方にはぴったりの品種です。
2本以上植えられる方は果実の品質がよく、実が大きいオニールがおすすめ。オニールと相性のいいおすすめの品種は、樹勢が強く暖地で育てやすいミスティ、強健で育てやすく豊産性のシャープブルー、前述のサンシャインブルーなどです。

育て方

どの系統も日当たりと水はけのよい場所を好みます。用土はブルーベリー専用土が楽で簡単です。ブルーベリーは酸性土を好むため、露地植えの場合、無調整のピートモスを混ぜるという方法もあります。
水やりは乾いたら与えるのが基本ですがハイブッシュ系は湿り気味、サザンハイブッシュ、ラビットアイ系はやや乾き気味の方が一般的に生育は良いようです。新芽の先がうなだれていたらすぐに水やりして下さい。乾きすぎは厳禁です。

6月上旬から新たにオープンするアカツカブルーベリーガーデンでは様々なブルーベリーの摘み取りが体験できます。またFFCパビリオンでは様々な品種のブルーベリーの苗を販売中です。わからないことがあればお気軽にスタッフまでご相談下さい。

少しだけ品種にもこだわってより美味しいブルーベリーを育ててみませんか。


文/工藤 一成


【栽培見本農場 赤塚ブルーベリーガーデン】
〒514-2221 三重県津市高野尾町1902番地の1
開園期間:2021年6月12日(土)~8月上旬 予定
営業時間:9:00~16:00 ※時間入れ替え制
受付方法:完全予約制(予約サイトにて事前予約をお願いします)
ご予約など詳細はホームページをご覧ください⇒https://www.akatsuka.gr.jp/group/blueberry/

【アカツカFFCパビリオン】

アカツカFFCパビリオンは、三重県下最大級の総合園芸売店です。
洋ランや鉢花、観葉植物、切花、草花や野菜の苗、ハーブなど園芸植物のほか、鉢や土、肥料などの園芸資材、お花に関するグッズなど幅広く取り扱っています。
数々のギフト商品も取り揃え、ラッピングサービス、地方発送も承っています。お得なポイントサービスもございます。

〒514-2293
三重県津市高野尾町1868番地の3
☎ 059-230-2121
●定休日:毎週火曜日
●営業時間:平日10:00~17:00
(土日祝は18:00まで)
詳しくは下記ホームページをご覧ください。
http://www.jp-akatsuka.co.jp/pavilion/

赤塚植物園では、お花のWEBショップ「フラワーショップ花の音」でも園芸商品を取り扱っています。

「グリーン通信」は赤塚植物園が毎月発行している園芸を楽しむための情報紙です。
アカツカFFCパビリオンにて無料で配付しています。
「グリーン通信」バックナンバーはこちら