梅干しを使った夏の一品

星澤幸子の和食のチカラ 2018年6月 梅干し


昔から「梅はその日の難逃れ」と言われるほど、さまざまな薬効を持つ梅干し。
腸を整え、便通を改善し、食あたりを防ぎ、疲労回復にも効果があることが知られています。最近では、梅干しに含まれる「バニリン」という成分にダイエット効果があることもわかってきました。
今月は、その梅干しを使った料理を紹介します。梅雨どきから夏にかけてのちょっと鬱陶しい時期。さわやかな口当たりでなおかつ、体にいい梅干しを積極的に食卓に取り入れたいものです。

このページでご紹介するレシピ


「さっぱり」がうれしい
ゆで豚の梅おろしそば

【材料】(2人分)

そば(乾燥) 150g/豚しゃぶしゃぶ肉 150g/大根 カップ1杯/パイロゲン キャップ1杯/梅干し 2個/しょうが 1片/万能ねぎ 少々
【めんつゆ】
水 カップ2杯/鰹節 ひとつかみ/しょうゆ、みりん 各大さじ4杯

【作り方】

  1. 鍋に水、細かく揉んだ鰹節、調味料を入れて火にかけます。沸騰したら1~2分コトコト煮て冷まして濾します。
  2. そばは茹でて、冷水でしめて器に盛ります。そばを茹でた湯で豚肉を茹でて水を切ります。
  3. 大根は皮をこすり洗いし、皮のまますりおろして軽く水気を絞ります。
    すぐにパイロゲンと種を取って叩いた梅干しを加えて混ぜます。
    しょうがはみじん切りにし、万能ねぎは小口切りにします。
  4. そばの上に豚肉、大根おろしを盛って万能ねぎをちらして、器のわきからめんつゆを注ぎます。

そばの茹で汁を捨てずに、豚肉も茹でます。

パイロゲンの酸味でさらにさっぱりとした味わいに。

梅雨の食卓にもう一品
揚げなすの梅だれ

【材料】(2人分)

なす 4本
【梅だれ】
梅干し 1個/みりん、酢 各大さじ1杯/塩 ひとつまみ/パイロゲン キャップ1杯

【作り方】

  1. なすはへたを取り縦半分に切って、1cm幅の斜め切りにして水に放し何度も水を替えてアク抜きします。
  2. 梅干しは種を取って果肉をたたき、調味料、パイロゲンと混ぜ合わせます。
  3. 厚手の鍋に油を深さ1cmほど入れて中温に熱し、なすを揚げて熱いうちに梅だれをかけていただきます。

なすは1cmの幅の斜め切りに。

梅だれにはパイロゲンを。


星澤幸子(ほしざわ さちこ)さん

料理研究家。北海道南富良野町生まれ。札幌テレビ「どさんこワイド」の料理コーナー「奥様ここでもう一品」に25年毎日出演し、北海道の素材にこだわったお手軽な料理を紹介。その出演回数は現在もギネス記録を更新中。2009年「東久邇宮文化勲章」を受賞。著書は『あなたに贈る食の玉手箱』(ワニ・プラス)他多数。

星澤クッキングスタジオ公式サイト
http://www.hoshizawa-s.com

 

 


レシピ撮影/大滝恭昌