アスリート応援メニュー

星澤幸子の和食のチカラ 2024年5月- 6月 オムライス&プリン(ヘルシーバージョン)


私ごとで恐縮なのですが、ドジャースの大谷選手の大ファンです。
彼が岩手県の花巻東高校を卒業し、「高卒即メジャー行きでほぼ決まり」という前評判を覆し、北海道日本ハムファイターズ入団を選んでくれた日から、目いっぱい応援し続けてきました。札幌ドームに足を運んで応援したこともたびたびです。前人未到の投打二刀流で大活躍し、2016年に、日本シリーズで広島東洋カープを4勝2敗で下して、10年ぶりに日本一になった瞬間は今でも忘れられません(この試合での大谷選手の活躍はありませんでしたが)。
その後、2017年に、米メジャーリーグのエンゼルスと契約して以降の、ワールドワイドな大活躍には、ずっと心躍らされています。今年も、ドジャースの試合での動向に一喜一憂する毎日です。

今回は、そんな大谷選手にぜひとも食べてもらいたいという、とっても私的な妄想でメニューを考えましたので、ご笑覧ください。とは言え、アスリートは体が大切ですから、健康面を気遣ったレシピになっておりますので、趣味でスポーツを愛する方、運動部で頑張るお子さんのいる方には、参考になるかと思います。

一品目は、大谷選手の大好物であるオムライス。チキンライスも鶏のむね肉を使えば、低脂肪で高たんぱくな仕上がりになるのですが、今回は、サンマのかば焼き缶をその汁ごと使用してみました。言わば、サンマかば焼きライス。ご飯と混ぜるだけ、油やバターで炒める必要がないので、さらにヘルシーさアップです。
じつは、甘いものが大好きな大谷選手。体のことを考えて、自らのパフォーマンスを維持するために我慢しているようなのです。そこで、二品目は豆腐を使ったヘルシープリンを考えてみました。

オムライスやプリンは、大谷選手だけではなく、みんなが好きなメニューです。ダイエット中の方やコレステロール値が気になる方など、好きだけど我慢している人にはぜひトライしていただきたいと思います。

このページでご紹介するレシピ


かば焼きのタレで余分な味付け無用
サンマ缶でオムライス

【材料】(1人分)
ご飯 2膳/サンマ蒲焼缶 1缶/コショウ 少々/パセリみじん切り 大さじ2杯/パイロゲン キャップ1杯(5.5ml)/卵 3個/塩、コショウ 少々/牛乳 大さじ3杯/油 大さじ1杯/トマトケチャップ/パセリ 適量

【作り方】

  1. ご飯にサンマ蒲焼缶を汁ごとほぐし入れ、コショウとパセリのみじん切り、パイロゲンも入れて混ぜ合わせます。混ざったら、ラップで形を整えながら皿に盛ります。
  2. 卵3個をボウルでほぐし、塩・コショウして牛乳を混ぜます。
  3. フライパンに油を熱し、ほぐした卵を一度に入れ、手早く混ぜて半熟にし、ご飯に掛けます。お好みでパセリとトマトケチャップを添えます。

ご飯にサンマかば焼き缶、コショウとパセリのみじん切り、パイロゲンを入れて混ぜ合わせる。

ラップを使って、形を整えます。

ほぐした卵は一度に入れ、手早く混ぜて半熟に。

罪悪感ゼロのヘルシーデザート
あっさりお豆腐プリン

【材料】(4個分)
絹ごし豆腐 1/2丁/豆乳 カップ1杯/粉寒天 2g/てんさい糖 大さじ2杯/パイロゲン キャップ1杯(5.5ml)
【カラメルソース】
てんさい糖 大さじ4杯/水 大さじ1杯+2杯

【作り方】

  1. 絹ごし豆腐はパイロゲンを加えて泡立て器でよく混ぜて滑らかにします。
  2. 豆乳に粉寒天を振り入れて混ぜ、火にかけて、時々混ぜながら沸騰させます。そこに、てんさい糖を加えて溶かします。
  3. 絹ごし豆腐を②に加えて混ぜ、型に流して冷やし固めます。
  4. 小鍋にてんさい糖と水 大さじ1杯を入れてなじませ、火に掛けて焦がします。少し煙が出るようになったら残りの水 大さじ2杯を加えて、少し煮詰めてカラメルソースを作り、冷ましてからプリンにかけます。
    ※お好みで、プリンの上にイチゴ一粒をスライスして。

パイロゲンを入れてよく混ぜ、滑らかな状態に。

豆乳に粉寒天を入れて、火にかける。

沸騰させた豆乳に、豆腐を加える。

カラメルソースも手作りで。少し焦がした段階で残りの水を。


星澤幸子(ほしざわ さちこ)さん

料理研究家。北海道南富良野町生まれ。札幌テレビ「どさんこワイド」の料理コーナー「奥様ここでもう一品」に25年毎日出演し、北海道の素材にこだわったお手軽な料理を紹介。その出演回数は現在もギネス記録を更新中。2009年「東久邇宮文化勲章」を受賞。著書は『あなたに贈る食の玉手箱』(ワニ・プラス)他多数。

星澤クッキングスタジオ公式サイト
http://www.hoshizawa-s.com